OBゼロでラウンドしましょう

こんにちは! 服部です。

ここまで何回かシャフトの話を してきましたが

ちょっと趣向を変え 今回はドライバーを打つときの 考え方の話をしていきます。

飛距離は欲しいけど スコアもあげたいという方

またはスコアはいいから とにかく飛距離を上げたいという方

色々な考え方があります。


飛距離が大事だと思う私ですが、 飛距離よりも大事だと思うことがあります。

それはスコアにつながるショットを打つことです。

私はコースへ出たからには スコアを優先すべきと考えています。


飛距離はなくてもいい!?


プロゴルファーはドライバーを 毎回、マン振りしているかというと そんなことはありません。

プロもドライバーで セカンドショットを有利にするため

フェアウェイへどれくらいの確率で 落とすことが出来るか計算してショットしています。

そして、実際にプロのショットの 大半は100%のショットではなくて 力を抑えたコントロールショットです。

コントロールを重視して ボールを打っています。

あなたもラウンドで、 ドライバーをスコアにつながる ショットにするためには

正確性は無視できないのです。

スコア重視のゴルフをするためには、 そのための心がけが必要です。

飛距離を出したくなるお気持ちはわかりますが、 その中でも重要なのは、OBを出さないこと。

同組の他の方の 飛距離を見て、自分も飛ばしてやる!

と意気込む気持ちもわかりますが、 そうなっては、大抵うまく行かないので、 その場では、まず方向性を意識してスイングしましょう。


フェアウェイに落とす意識を持つ


まず、、、 フェアウェイに置く前提でボールを打って下さい。

フェアウェイに打てる可能性が低い スイングというのは 本番では使えないスイングになります。

打ったら8割がOBかラフに落ちてしまうショットよりも 打ったら8割はフェアウェイに落ちるショットの方が スコアアップにつながります。

当たり前に聞こえますよね。

ですが、ラウンド中 ついつい力を入れて、マン振りしてしまう。。。。

ドライバーをスコアアップにつなげるためには OBを絶対に打たない、ということを気にして頂きたいです。


OB無しのラウンドを実践する


あなたのゴルフが総合的に上達していくために ゴルフの本質としてはスコアを 縮めて回るというのが重要です。

そのために、OBを打たないで ラウンドするということを心がけて下さい。

普段のラウンドで3回以上OBしてしまうようでは 100切りはまず難しいのではないでしょうか。

OBをしないでしっかりとまずはフェアウェイに 落とすことを実践してから

飛距離アップを目指しましょう。


OBを出さないポイントは?


スコアを作るためには OBというのは、2打損してしまう。

ですので、OBは絶対に避けなくてはなりません。

OBを出さないポイント・・・

まず知っておいていただきたいのは、 コースの左右どちらかが危険な方向だとしたら

危険なには方向には絶対打たないようにしてください。 ・・・すごく当たり前のことですよね笑

しかしこれが出来るか出来ないかでスコアに雲泥の差が出ます。


危険な方向へ打たないための 自分なりの方法覚えることで かなり安全にラウンドすることが可能です。

たとえば、コースの右サイドが ハザードになっていて右には絶対に打ちたくないので

少しフェースをかぶせて、 クローズドスタンスにすれば 絶対に右にいかない、とか。

たとえば、コースの左サイドが 崖になっていてOBになっているとすると

ティを低くして、短く持ってコンパクトに振れば 絶対に左にはいかない、とか。

今のは例えばの話ですが、

そういう自分なりの、 「右に行かない」、「左にいかない」 というショットを覚えて

危険な方向を避けることで、 より安全なドライバーを打つことが出来ます。

なので練習場でもまっすぐ打つばかりではなく

右には行かない打ち方、左には行かない打ち方

こういった練習も積極的に行ってください。


飛距離アップは スコアアップにつながりますが、

ラウンド中にいきなり飛距離アップ するものではなくて

日々の実践の中で 飛距離アップしていくので

普段の練習から 頑張っていきましょう。

参考にしてください。



銀座、広尾、世田谷でのドライバーの飛距離アップ ゴルフレッスンを沖縄、那覇でも|ALBAでも紹介された【服部公翼 ゴルフレッスン】|公翼(こうすけ)ドライバー特化型ゴルフレッスン|美しいスイング=効率の良いスイング=最大飛距離 飛ばしのスイング|これからは沖縄 ゴルフ合宿|ドライバーの飛距離アップは各会場へどうぞ:銀座、広尾、世田谷、沖縄、那覇

フォロー

©2019-2020 by Kousuke Hattori Golf Lesson. Proudly created with Wix.com