雨のゴルフはミスが増える??


雨の日のゴルフといえば、 とにかくグリップが濡れて緩みやすかったり レインコートで厚着になってしまって打ちづらかったり

これが、ゴルフのスコアに関わってきます。

雨ということで 皆さんスコア作りに苦しんでいたのですが

特にスライスやフックなど普段より曲がる球が多かったのが印象的だったんです。

でも、1つ変えるだけで そのミスってかなり減るのに…


グローブ1枚で変わるショットの秘訣


グリップを甘く見ている人は グローブも甘く見ている傾向があります。

ある会での生徒さんもお一人を除いて グローブを1枚しか持っていませんでした。

雨の日にミスが多いのは 水を含んだグローブのせいで

グリップの形が変わってしまったり 緩んでしまってインパクトがずれてしまうから。

ゴルフで重要なグリップ部分が 水による影響を受けることで ミスが多くなってしまうんですね。

これは、真夏でもそうですし汗っかきの方が グローブにたくさん汗をかいてしまっても 同じような事が起こります。

だからこそ、あなたにすぐやって欲しいのが…


グローブは何枚も持っておく


ということ。

1枚だけ持って行くなんて勿体無い!

アウトとインでグローブを変えてもいいし、 グローブは2枚以上携行しておいて

アウトの半分回ったらグローブを交換するなど それくらいの頻度でグローブは変えてもいいでしょう。

ボウリングでプロボウラーが 手を乾燥させることに気を使うように

ゴルファーも自分のグリップ感に 気をつけるだけでも

ショットの質というのは 変わってきます。

『良い手袋をすると、良いゴルフができる。』

これは間違いではありませんが もっと言うと、

『グリップ力の高いグローブを付けておくことで良いゴルフが出来る。』

というのが真ですね。

手元が緩んで、スライスボールが出やすくなっているのであれば グリップからあなたのゴルフは大きく変わります。

ゴルフにおいては無くてはならない必需品。

常に新品も一緒に携帯して 良いグリップの状況でラウンドするようにしましょう!




銀座、広尾、世田谷でのドライバーの飛距離アップ ゴルフレッスンを沖縄、那覇でも|ALBAでも紹介された【服部公翼 ゴルフレッスン】|公翼(こうすけ)ドライバー特化型ゴルフレッスン|美しいスイング=効率の良いスイング=最大飛距離 飛ばしのスイング|これからは沖縄 ゴルフ合宿|ドライバーの飛距離アップは各会場へどうぞ:銀座、広尾、世田谷、沖縄、那覇

フォロー

©2019-2020 by Kousuke Hattori Golf Lesson. Proudly created with Wix.com