トップスイングで右手甲を折りましょう

手首の甲の角度変化によりフェースの向き、スイング軌道まで変わります。 トップスイングの右手甲角度が浅くなるとスライスになりやすいので基本的にはしっかり角度をつけたいです。