top of page

スイング中に「あれ・これ」考えない

こんにちは、服部です。

練習しているのにうまくいかない… いっぱい練習したはずなのに…

ラウンドをしていて、 練習すればするほど 本番がうまくいかないということってあると思います。

あらゆるミスショットの原因。 それは、ショットを気にしすぎてしまうことです。

「え?いいショットのためには  正しいスイングが必要でしょ?

 だったら、そのポイントを意識するべきですよね」

そう感じた方もいるかと思います。

しかし、意識しすぎるほど あなたのショットはどんどん悪くなっていきます。

もし、ラウンド中でも 練習と同じ気持ちでスイングしているなら すぐにやめてしまいましょう。



例えば、レッスンで 左脇があいていると指摘されたから 今日のラウンドでは、そこは意識するのはいいでしょう。

でも、それでミスショットを打ったら? 左脇がよくなかったのかな? ここが悪かったのかな?

いろんなポイントが 頭を駆け巡ってきますね。

それによりあなたが ショットするまでの時間が

伸びれば伸びるほど ミスショットの可能性が上がってきます。


上手な人ほど早く打ちますよね。 決めたらすぐ打つ。

これは、悪いイメージも湧きませんし、 ショットで体が固まることもありません。


ポイントはどこで考えるかなのです

アドレスに入ってから色々考えると時間がかかり

身体がスムーズに動かなくなっていきます。

アドレスをする前に全て考えることを

済ませておき

アドレスに入ったら目標をイメージして

すぐ打ってしましましょう。




スムーズに打てるか、チェックポイント

・アドレスで固まった感じがする ・打つのが遅いと言われる ・打つ前に必要以上に不安だ ・ショット前に、2つ以上意識するポイントがある ・自分の中でのルーティンがない

もし、あなたがこれに該当するなら スムーズにスイングができていないかもしれません。

アドレスからショットまでの ルーティンが非常に遅くなって アドレス中に固まってしまったりします。

素振りを必要以上にして 遅いよ、と怒られてしまう人もいるかもしれませんね。

考えるのはアドレスより前にシンプルに!

アドレスしたら思い切って、時間をかけずに ショットを打ったほうが好結果を生みます。


ミスをした時ほど、構えたらスイングを

あれこれ考えず 頭を空っぽにして一度打ってみましょう。




最新記事

すべて表示

スイング中に手首の角度は必須です。この角度があるからヘッドスピードが上がります。 ではどうすれば角度がつくか、左右の手の力の使い方にコツがあります!

bottom of page