シャフト選びについて

↓ある生徒さんの話です。

「このシャフト、なんだか合わない感じがする・・・」

ともやもやした事を気にしながら、練習場を後にする。

そして、次の日

「今日の打球はどうだろうか。  やっぱりシャフトが合っていないんだろうか?」

と今日もクラブとシャフトのことが練習中に気になる・・・

そんな相談を受けました。 そして、生徒さんのシャフトの硬さを確認してみました。

その方、Sを使われていたのですが、 私が見る限りRが合っているようだったんですよね。

そして、Rで試打してみたところ、 飛距離も10ヤードほど変わったみたいで。

ちょうどいいシャフトを選べてよかったということでした。

もし、この生徒さんのように自分のクラブやシャフトに悩んでいて 自分のミスショットが全てクラブのせいに思えてくるようなら

その悩みの解決に今回のブログが役に立つかもしれません。



シャフトが合わない感じがする


シャフトというのは、硬さ・重さがそれぞれ違います。

あまりクラブフィッティングの経験などが無い方は 普通の重さ、普通の硬さということで選ばれているかもしれません。

ですが、ある程度ゴルフが上達するに合わせて あなたのスイングの形というのが出来上がってきて、

そのスイングの形に合っているクラブが ぼんやりながら出来上がってくるものです。

クラブフィッティングというのは そのスイングの変化によって

オススメされるクラブも変わってくるところが 難しいかもしれませんが、

今の自分のスイングにあった フィッティングをある程度知っておくということは

あなたのクラブ選びのレベルを上げることにつながりますので 知っておいていただきたいと思います。


クラブシャフトの硬さを選ぶ方法


シャフトの硬さにはみなさんご存知かと思いますが、 以下のような種類があります。

柔 ⇒⇒⇒⇒⇒シャフト⇒⇒⇒⇒⇒ 硬 L、A、 R、(SR)、S、X、(XX)

シャフトの硬さを選ぶとき、硬さはヘッドスピードに比例していて ヘッドスピードが早い方はX、普通ならRといったように、

ヘッドスピードだけで選んでいる方も多いと思います。

つまり、先ほどの図で表すと・・・

遅 ⇒⇒⇒⇒⇒ HS ⇒⇒⇒⇒⇒ 速 柔 ⇒⇒⇒⇒⇒シャフト⇒⇒⇒⇒⇒ 硬 J、L、A、 R、(SR)、S、X、(XX)

という選び方をしている、ということですね。

実際、それは間違いではありません。

ですが、もう一つ重要なポイントがあるので それを抑えておいてください。

それが、先ほどの方がシャフトが合っていないように感じる原因でした。


シャフトのしなり


クラブをスイングすると、シャフトというのは「しなり」ます。 この「しなり」によって、ダウンスイングで 一番速いヘッドスピードが出るのですが

この「しなり」が多すぎたり、少なすぎたりすると そのシャフトが合っていないということになります。

ヘッドスピードが早い方はそれだけしなりが大きくなるので しなりが少なくなるよう、硬いシャフト。

ヘッドスピードが遅い方はそれだけしなりが少ないので しなりが多くなるよう、柔らかいシャフト。

という風に、ヘッドスピードがシャフトを選ぶ基準になるのですが、 もう1つ考慮して欲しいのが、スイングリズムです。


スイングリズム


スイングリズムもヘッドスピードと同様に人によって違いますよね。

スイングリズムが速い人というのは 切り返しでシャフトが強くしなります。

逆にスイングリズムが遅い人というのは 切り返しでシャフトは弱くしなるのです。

ですから、スイングリズムによっても シャフトのしなりは違うので スイングリズムが遅い、または速い方は

シャフト選びの時に考慮しなければなりません。

ヘッドスピードがやや速くてSを使っている方のスイングテンポが早い としたら、切り返しでシャフトが強くしなるので もう一つ上のXを検討してみる価値はあります。

逆に切り返しが遅くシャフトがあまりしならない方は もう一つ下のRも検討してみてください。

ヘッドスピードだけのシャフト選びはやめてくださいね。

<<まとめ>> 遅 ⇒⇒⇒⇒⇒ HS ⇒⇒⇒⇒⇒ 速 柔 ⇒⇒⇒⇒⇒シャフト⇒⇒⇒⇒⇒ 硬 J、L、A、 R、(SR)、S、X、(XX)

※ スイングテンポが遅い方はもう1つ柔らかいものも検討する ※ スイングテンポが早い方はもう1つ硬いものも検討する

参考にしてみてください。



30回の閲覧

世田谷でのドライバー飛距離アップ ゴルフレッスンを沖縄でも|ALBAでも紹介された【服部公翼 ゴルフレッスン】|公翼(こうすけ)ドライバー特化型ゴルフレッスン|コンセプトは美しいスイングと圧倒的な飛距離|スイングの美しさ格好良さを重要視しています|美しいスイング=効率の良いスイング、そして、効率の良いスイング=最大飛距離 飛ばしのスイング|独自のプログラムで美しさと飛距離 ドライバー飛距離アップを追求していきます|世田谷そして沖縄でのゴルフレッスンは服部ゴルフレッスン|ドライバーの飛距離アップは各会場へどうぞ:恵比寿、銀座、世田谷、沖縄

フォロー

©2019-2020 by Kousuke Hattori Golf Lesson. Proudly created with Wix.com