ゴルフの前傾姿勢について

ゴルフというのは地面にあるボールをヒットするので

前傾姿勢が必要になってきます。

前傾姿勢というのは やりすぎても やらな過ぎても

問題が出てきて、 クラブの通り道が 変わっていってしまいます。

この前傾姿勢がクラブの最下点という インパクトの最も低い位置を 決める要素になるので

姿勢がスイング中にブレてしまうと ダフってしまったり、トップしてしまうミスが 日常的に発生することになります。

ダフリが止まらない~。 トップが止まらない~。

なんてことになるのは この前傾姿勢が問題なのかもしれません。

スコアアップのための基本的な考え方として 気持ちはいつでも「前のめり」でいたいところですが 姿勢は適切な角度で、前傾することが必要です。

スイング中に身体が起き上がってしまったり 沈み込んでしまったりすると これも、ミスにつながってしまいます。


前傾姿勢の思い込み


「前傾姿勢なんて簡単だよ」と

なめてかかってしまうと 大怪我をするのがアドレスです。

アドレスでスイングは ほとんど決まるといっても過言ではありません。

正しいアドレスなら 必ず素晴らしいショットが打てるとは限りませんが

素晴らしいスイングに近づきます

間違ったアドレスだと 確実にミスショットが増えますし

癖のあるスイングに近づきます


特にまだゴルフを始めたばかりの方は 「アドレスをして下さい」とお願いすると

前のめりをするだけの 形で前傾してしまいます。

ゴルフのアドレスの形には しっかりとした形がありますから

これを改めて意識して 頂きたいと思います。

前傾姿勢は上体を前に倒して 前のめりを作ると思われがちなのですが、

実際に上半身だけを前のめりにすると

上半身の重みで体重がつま先よりにかかってしまい 身体全体のバランスが崩れてしまいます。

つま先体重になると、 バランスを取ろうとして

上体を逆に起き上がらせようとして 結果的に難しくなってしまいます。


前傾のポイント


では、どうすれば 正しい前傾アドレスが取れるか、というと

注意して欲しいのは お尻の位置です。

お尻の位置がご自身のカカトより後ろにあると 自然とバランスを取ろうとして 上体が前のめりになります。

このお尻を引いての前傾の場合は 重心が前のめりにならないので

スイング中に前傾を保ちやすくなります。

ですので、おしりの位置がアドレスのスイング中 カカトの位置から後ろにあるように 意識下さい。

基本的な要素ですが、 全てのゴルファーに共通する 注意点ですので ぜひ、このアドレスでの前傾、特にお尻の位置 を気をつけてください!




12回の閲覧

世田谷でのドライバー飛距離アップ ゴルフレッスンを沖縄でも|ALBAでも紹介された【服部公翼 ゴルフレッスン】|公翼(こうすけ)ドライバー特化型ゴルフレッスン|コンセプトは美しいスイングと圧倒的な飛距離|スイングの美しさ格好良さを重要視しています|美しいスイング=効率の良いスイング、そして、効率の良いスイング=最大飛距離 飛ばしのスイング|独自のプログラムで美しさと飛距離 ドライバー飛距離アップを追求していきます|世田谷そして沖縄でのゴルフレッスンは服部ゴルフレッスン|ドライバーの飛距離アップは各会場へどうぞ:恵比寿、銀座、世田谷、沖縄

フォロー

©2019-2020 by Kousuke Hattori Golf Lesson. Proudly created with Wix.com